2020/12/12 10:05

 長崎県東出津町。

海と山に囲まれ、歴史ある教会がたくさんある素敵な所です。
そこで木製椅子づくりを主体にした家具を作られている
「吉永製作所」

椅子作りの中で出来る、小さくなった木を使い
「日和木」としておアクセサリーや小物を作られています。
作品をお取り扱いさせて頂くにあたり
作品が作られている過程や背景を知りたいとおもい工房を見学、
そしてそこで活動されている吉永ご夫妻のお話を聞かせて頂きました。

工房には、長崎県のヒノキを中心に
クリ、ブラックチェリー、ウォールナット、ローズウッド、パープルハートなど沢山の木材がありました。
実際にそれぞれ触らせて頂くと、手触りや重さ硬さなど驚くほどに違いがありました。

吉永さんご夫妻は日常の中に自分たちの作った作品があってほしいと話されていました。
お2人のおもいは作品を通して
今まで感じたことのない木の生命力や、ほっと安心するようなぬくもりを肌で感じました。
その後、ヘアゴム作りをさせて頂きましたが
形を整えるだけでもたくさんの手間がかけられており


本当にひとつひとつ、おもいがこめて作られていると感動しました。


私も、素敵なお2人が作られている作品がたくさんの方の届き、日々の生活に寄り添ってほしいと強く思うのでした。

omoiyaでお取り扱いさせて頂いている作品はこちら
【ソーイングケース】

【ボーダーブローチ(小)】

【ボーダーブローチ(大)】

【ボーダーヘアゴム】

その他、ピアスやイヤリングなどもあります。
ぜひチェックして見てください。

吉永製作所

日和木